top of page

【2024年】初心者向け解説 - Instagram の写真投稿で知っておくべき縦横比率と画像サイズ設定

更新日:7 日前


一般的なインスタグラム投稿の縦横比率


Instagram に投稿する写真のサイズと縦横比は、見栄えを左右する重要な要素です。ここでは、2024年最新の Instagram 向けの写真の縦横比率とサイズ、そしておすすめの設定について、写真編集初心者向けに解説します。


縦横比率、アスペクト比、写真サイズ、解像度の違い


写真編集を始める前に、以下の用語の違いを理解しておくと便利です:


  • 縦横比率 (アスペクト比): 写真の縦と横の長さの比率のことです。例えば、1:1、4:5、16:9などがあります。

  • 写真サイズ: 写真の実際の大きさのことで、ピクセル数で表されます。例えば、1080 x 1080ピクセルなど。

  • 解像度: 写真の鮮明さを表す指標で、ピクセル数が多いほど高解像度となり、より鮮明な写真になります。


これらの要素を理解し、適切に設定することで、Instagram 上で美しい写真を投稿できます。


Instagram の写真投稿で人気の縦横比率


Instagram では、以下の縦横比率の写真投稿が人気です:


  • 正方形 (1:1): Instagram の基本的な投稿フォーマットで、フィードでバランスが取れた見栄えになります。

  • 縦長 (4:5): ポートレート写真に適しており、フィードで存在感のある見栄えになります。

  • 横長 (16:9): 風景写真などに適しており、インパクトのある投稿になります。


おすすめの写真サイズ設定


高画質な写真を投稿するためにも、適切なサイズ設定が重要です。Instagram の公式ヘルプページ「Instagramでシェアする写真の画像解像度」によると、幅が320~1080ピクセルの写真をシェアする場合、アスペクト比が1.91:1~4:5の範囲であれば元の解像度が保持されます。


Instagram のフィード投稿におすすめの写真サイズ設定は以下の通りです。


  • 正方形 (1:1): 1080 x 1080 ピクセル

  • 縦長 (4:5): 1080 x 1350 ピクセル

  • 横長 (16:9): 1080 x 608 ピクセル

これらのサイズ設定で投稿することで、Instagram 上で鮮明な写真を表示できます。


Instagram フィード投稿の人気サイズ


縦横比率とサイズを調整できるおすすめアプリ


写真の縦横比率とサイズを Instagram 向けに調整するのに便利なスマホアプリには以下のようなものがあります:


  • PicFitter: インスタ特化の正方形・白枠加工アプリで、シンプルな操作で素早く正方形の写真に加工できます。動画の加工にも対応しています。

  • Repicture: インスタ特化の画像編集アプリで、正方形、縦長、横長、ストーリー用のサイズに対応しています。

  • Lightroom: 多彩な編集ツールを備えた世界的に人気の高い写真編集アプリです。

  • Picsart: 豊富な編集機能とAI画像生成機能を備えた多機能アプリです。

  • Canva: 文字入れ機能などが充実したデザイン作成に定評のある多機能アプリです。


これらのアプリを使えば、初心者でも手軽に Instagram 向けの写真編集ができます。



写真のサイズと縦横比は、Instagram 投稿の見栄えに大きな影響を与えます。2024年最新の人気の縦横比とおすすめのサイズ設定を押さえて、魅力的な Instagram 投稿を目指しましょう。Instagram の公式情報も参考にしながら、最適な写真投稿を心がけましょう。

Comments


bottom of page